管理人の小部屋

AceやKISSに関すること、思いつくままにつぶやくページです。

名前:Malijasmin

性別:女性

所在地:神奈川県

KISS 及びAceファン歴:30年以上(年齢は推して知るべし)

KISSとAce以外の好きなミュージシャン:

Marc Almond,Kate Bush,Depech Mode,Frank Zappa,John 5,Rob Zombie,

Scot Coogan, Ynot7(タイのロックバンド),Got(タイの演歌歌手)、Fairuz(レバノンの歌姫)原マスミ

 

管理人へのメッセージはお気軽にどうぞこちらから。

メモ: * は入力必須項目です

2017年

4月

23日

1993年来日ライブのレビュー

以前KISSのサイトを運営されていた方が、1993年のAce来日ライブのレビューを掲載したページが

消し忘れて残っていたということで、URLを教えてくださいました。Slave Sistersのボーカル、

きくまるが書いています。なかなか臨場感あって楽しいレビューです。

我々が再び日本でAceを見る日が来ることを記念して、ご紹介したいと思います。

こちらをクリック!

0 コメント

2017年

2月

21日

USツアーを観る旅こぼれ話 その3

 

今回のUSツアーのオープニングアクトを

務めたのは「Enuff Z'nuff」

 

私はほとんど事前知識なし。でも調べると

何度か来日もしているし、キャリアの長い

バンドなんですねえ。さすが、演奏は聞かせてくれました。写真のメンバー、Chip Z'nuff

はルックスも楽しい人で、バンドのシンボル的存在です。ビバリーヒルズの会場には、

彼のコスプレをしたファンもいましたよ。

バンド最大のヒットは「Fly High Michelle」

この曲はRichie Scarletも扱ったことがあるので、今回の公演でもこの曲をやるときには

Richieが参加していました。下にBrooklyn Bowlでの動画を貼っておきますね。

 

オープニングの「Baby Loves You」が帰国してからも時々頭の中で再生されています。

もはや思い出の曲になりました。

そちらもよければ聞いてみてください。

 

0 コメント

2017年

2月

19日

USツアーを観る旅こぼれ話 その2

 

AceとのMeet&Greetを無事終えて、興奮で

落ち着かない中、Scotのガールフレンドから連絡が入り、ようやくScotに会うことができました。2回の公演について行ってみたところ、Aceがミーグリを行っている間、バンドメンバーは大抵は会場に併設されているバーで飲んでいるようです。Scotに呼ばれてバーに行って、感動の再会となって、やれやれよかったと思ってふと振り返るとChrisもいたのでびっくりでした。

おかげでChrisにも直接オリジナルはっぴを手渡すことができました(はっぴの話題は後日この管理人の小部屋で扱います!)。

公演が終わって1時間くらいしかたっていないのに、ScotもChrisも、微妙に何言ってんのかわからないレベルに酔っぱらっているのです。いったい何飲んだんだ?と思うほど。まあでも、ライブで汗かいて、ガーっとビールを駆けつけ何杯か…ってやったら、ああなるかもしれませんね。深夜2時になって、いい加減出て行ってくれって感じでBrooklyn Bowlのバーを追い出され、歩き始めても、Scotはホントに落ち着きがなくって、あちこち引っ掛かりながら移動。ミュージシャンぽいなあと思いました。

その引っ掛かりの一つが「カップケーキATM」。Scotの彼女が「カップケーキは好き?」と聞いてくるので、なんだろうと思うと、なんと建物の片隅にタッチパネルで好みのカップケーキを選んでクレジットカードをスライドさせると、小窓からカップケーキが出てくるというお店があるのです!(写真参照)。

カップケーキをごちそうになって写真撮ったりしながら歩いていくと、ScotもChrisもカジノに吸い込まれていきます。別に同行しても全然かまわないようでしたが、我々は翌日のLAへのフライトに間に合わせねばなりません。「おや、帰っちゃうの?じゃあまた明日ね!」という感じで解散。この日は睡眠時間45分で、翌日のライブに向けて行動せねばなりませんでした。

0 コメント

2017年

2月

19日

USツアーを観る旅こぼれ話その1

photo by Tommy Sommers
photo by Tommy Sommers

まずアメリカに旅立つ前に、日本でVIPパッケージを購入したいと思いますよね。チケットもMeet&Greetの権利も、グッズもついているわけですから。VIPパッケージはAce公式サイトのみの扱いです。そこで購入しようとしましたが、日本で発行されたクレジットカードでは決済できないという事態に気づきました。

たまたまfacebookで、AceのツアーマネージャーのJohn(写真の方です)とはフレンドになっていましたので、メッセンジャーで連絡を取ってみました。

 

Johnの指示通り、あれこれ試してみましたがうまくいかず、結局Johnにカード情報を伝えてJohnのパソコンから購入手続きをしてもらうという、もはや彼を信用するしかないような方法を取りました。

うーん。これってハードル高すぎませんか?日本からわざわざ見に行くってことを全く想定していない…。

そのうえ、ショウの前日、JohnからVIPを買った人に詳細を知らせるメールが来るのですが、メールに書けなかった追加情報があるから電話してくれないか、ってメッセージが来ました。私は電話での英会話が苦手です。たまたまアメリカに住む友人が一緒に行動していたので助けてもらいましたが、これまた普通の日本人にはかなりのハードルでした。

しかし、こうしたハードルがあったおかげで、Johnに初めて会ったときはすっかり名前を憶えられていて、VIPの列に並んで名前を呼ばれたとたんに「ハ~イ!」で、ハグですよ。Johnがいなかったら、私はVIPを買えなかったわけで、感謝せずにはいられませんでした。Johnには「僕の端末からVIPを買ったのは君が初めてだよ」と言われてしまいました。イヤでも覚えられますね。

0 コメント

2015年

11月

14日

Ace Frehleyトリビュートライブ 



11月12日、ハリウッドのLucky Strike Liveで

Aceのトリビュートライブがありました。

全曲、もちろん、Aceの曲ですよ。

Aceファンならもちろん楽しめるはず。

日本でもこんなライブ、企画してくれる方

いませんかねえ?いたらEddie Trunkみたいに

うちのサイトで宣伝しまくりますが…

(もちろんEddieのような影響力はあるはずも

ないんですけどね)。


今回のライブには現在のAce Frehley Bandの

ベーシスト、Chris Wyseや、Paul Stanley Bandのギタリスト、Rafael Morieraも出演しました。


セットリストは以下の通り。ファンの皆さん、

これは燃えませんか?

Insaneなんか、いいなあ。

写真は、LA在住AKI特派員からいただきました。いつもありがとうございます。




Rip It Out/ Deuce/ Snowblind/ Speedin' Back To My Baby/ Insane/ Rock Soldiers/ 2 Sides Of The Coin/ 2000 Man/ Rocket Ride/ Trouble Walkin'/ Parasite/ 100,000 Years/ She/ Strange Ways/ Cold Gin/ Shock Me/ New York Groove


2015年

8月

06日

芸能界、やっぱり大変

8月4日のNEWSで書かせていただいたように、Matt StarrがAceやSlashと共にレコーディングに

取り組んでいる写真が波紋を呼びました。

最初に、Mattの写真がネット上に流れた時に、Scotはどうしたの?という問い合わせが、何人かの方から私のもとに寄せられました。当然ですよね。

私個人は、Scotから、カバーアルバムのレコーディングをしているという話をちょこちょこ聞いていたので、ああ、MattはLA在住だから、SlashもLAだし、部分的に起用するってことなのかな、と勝手に

解釈していました。ましてやScotがバンドを離脱するなんてことも聞いてはいなかったので、

考えませんでしたが、あの写真を見ただけの方からすれば、そういう可能性を危惧するのも

無理もないことですよね。

念のため、Scotに、みんな気にしてるわよ、Mattはゲスト参加みたいなものなんでしょ?と、

問い合わせてみました。Scotはあまり返事がすばやい人ではないので、気長に待ってみるか、と思って

いたら、2、3時間で返信があってびっくり。


「今、Aceと話したところだよ。Mattも演奏はしてるのは事実。でも、Slashと「The Emerald」を

レコーディングしたのは俺なんだ。出来は素晴らしいってAceも言ってた。Mattは自分がやってもいない仕事を自分がやったみたいにするんだ。しょっちゅう俺にそういうことしてくるんだよね。

いらいらするよ。」

ええええ?そりゃあ、つらいわねえ…。

「あー、たいしたことないって。Aceは俺を愛してるって言ってたし、俺がAceのドラマーだって

言ってくれたからさ。Mattは、今のAceのバンドが最高だから、やきもち妬いてるだけでしょ」


うーむ。Aceのフォローってそんなか…。それで十分フォローされちゃったか、Scotも。

しかし、きちんと反論する必要があったのでしょう。Aceの許可を得て、曲名も公開する形で

あの反論声明を発表したというわけです。

投稿見たけど、あれってシェアしていいの?秘密にしなきゃいけないことはないの?

「ないよ‼‼‼ シェアしてシェアして‼Mattはちょこっとやってきて、写真に納まったってわけだよ。Mattのやったことは俺を怒らせたからね」

 

まあ確かに。多くの人が誤解しましたよね。Slashとの共演といえば、おそらく次回のアルバムの

目玉にもなるものでしょうし、自分がドラムを担当したことははっきりさせたいでしょう。

皆様、どうか、Scotをサポートしてやってください。

管理人はScotへの偏愛に満ちているので、画像をトリミングして載せることにしました。

0 コメント

2015年

7月

05日

最近のライブ写真について

photo by Monica Duffels  www.mooninvirgo.nl
photo by Monica Duffels www.mooninvirgo.nl


管理人がFacebookでScot Cooganの

ファンページを始めて、なんとなくネタ集めで

Scot本人から頼りにされてしまっている感じになったせいで、ツアーが始まると、ライブ写真をネット上から拾いまくってくるという作業をする羽目になっています。まあ、楽しいので構わないのですが、その作業をしていて、最近

非常に気になっていることがあるので、改めてここに書くことにしました。

 とにかくカメラマンさんによって個性はあるし、本当にプロの仕事って素晴らしいと思うことが多い

のですが、特にヨーロッパツアーにおいて、Aceの写真よりもはるかにRichieの写真が多く撮られて

いるケースが目立つこと、また、純粋に写真のかっこよさを考えた場合、私がカメラマンでも、リッチー

にカメラを向けてしまうかもなあ、思ってしまうという事実があるということです。

 ライブを実際カメラを抱えて見に行った友人に言わせると、リッチーはカメラを向けたときにちゃんと

止まってくれたりポーズを決めてくれたりするので、すごく撮りやすいんだそうです。

それもファンサービスですよね。カメラマンはあんまり音楽のことを知らなくても撮影に行くケースが

あるそうなので、AceよりもRichieが絵になるから、となんとなく枚数が多くなるということもあるのかもしれません。

 あと、多くのファンの方々が時々嘆いているように、Aceはもうちょい、やせたほうがいい。

そういうことなどが、写真に反映されているってことでしょうか?

2015年

6月

14日

いろいろ知ってしまうと動揺します

最近、知り合いが増えたので、ツアー中のちょっとした情報が入ってくるようになりました。

それがとてもリアリティーがあって楽しい反面、知れば知るほど心配になったり動揺したりする

ものだということもわかりました。Newsにも掲載した通り、陸路で28時間バスに揺られて移動?

なんて聞くと、ありありと疲労感も想像してしまうし、夜の観光写真なんかもアップされるので

まあ、誰と誰が参加しているのかしら?なんて考えたりしてしまいます。どんな時も堂々と記念撮影

しちゃうのは、ロックの帝王、リッチー・スカーレットなんですが…。実に気さくな方です。

こちらはいろいろハラハラしながら、見守るしかありませんけれどね。

写真はスタッフが投稿した、オスロ公演のステージ写真、ドイツのハンブルグの夜の歓楽街です。


2015年

4月

04日

Monster Mini Golf Presents KISS, Las Vegas

Las Vegasに行ったなら、KISSファンには外せない場所、ミニゴルフ場に行ってきました。

まずエントランスの前にご覧のようなGeneの車が待ち構えています!

そこで記念撮影を済ませて、館内へ。

すぐにKISSの展示物で溢れ返った空間が広がっています。

もちろんひたすらBGMはKISS。

ここまでは無料です!「ミニゴルフなんてしてもなあ…でも展示は見たい!」と思っておられる方、

心配無用です。ぷらっとは入れる空間です。

展示の近くには簡単に遊べるゲームマシンなんかが置いてあって、さらに奥がミニゴルフ場。

ゴルフしたい方はここからが有料ですが、写真撮ったりのぞき込んだりは自由です。

ミニゴルフ場はこんな感じ。縁日みたいです。ゴールはGeneの舌らしいです。

大人も子どもも実にゆるい感じで遊んでいました。

ここには結婚式場もあります。ラスベガスがあるネバダ州は婚姻手続きが簡単なことで知られており、

世界中からカップルが集まるのです。そんなウエディングの聖地に式場を作っちゃうというのは

さすが商売人。KISSファン同士のカップルなら、いいかもしれませんね。

トイレの案内までこんな感じです。

このサイトを利用している皆様なら、ここまでは

「ふーん」みたいな感じかもしれません。

まあ、私もそうでした。

一番興奮して時間をかけてしまったのは実は

ショッピングです! もちろんTシャツやキーホルダーといった定番ものもありますが、もし行かれたら

どうか、レジのすぐわきをチェックしてください。

そこにはなんとAce直筆サイン入りのレアな写真が

無造作に箱に入れられて販売されているのです!

あ、もちろんPaulやGeneやPeterのもありますよ(笑)。

しかしここはAceのファンサイト! 見たことのない

写真の数々に「ひゃあああ、かわいいいいい」と思わず絶叫。館内にたまたま流れるAceの歌を

口ずさみながら写真を見まくってしまう始末。

サインは本当に直筆だ、とレジのお姉さんも笑顔。

悩んだ末にこの横顔のショットを購入しました。

ついでみたいに写していますが、赤いピックは

Space InvaderTour第1弾でAceが使用したものです!

こちらは管理人の憧れの人、Scot Cooganに頂きまし

た。ありがとう!Scoty!

0 コメント

2014年

11月

30日

どなたか助けてください。




先日、たまたま発見した2013年9月5日付の

ドラムのScot Cooganのインタビューに

Aceと演奏してどうか?という箇所があり、

興味深いのですが、どう日本語にしたら

いいのかわからず、悩んでおります。

うまくニュアンスを日本語で伝えられる方が

おりましたら、コメントくださればありがたいと思っております。

Scotは、「Aceと仕事をすることは光栄に思っているし、AceとKISSの曲を演奏するのは素晴らしい経験だ。2009年にリリースされたAnomalyの中の何曲かを一緒にレコーディングしたけれど、最高だったよ。彼とはいい友達になったし、一緒にいるのはいつも楽しいよ。数週間前もカリフォルニアで一緒に過ごしたんだ」と、Aceについて語っています。

インタビュワーは、何かAceとのことで面も白い話はないか、と振るのですが、問題はその回答です。

「たくさんあるよ。そうだなあ…ある日、リハーサルしててね、Aceが曲の途中で演奏を中断して、歌詞、なんて歌ってるかい?って僕に聞いたんだよ。だから僕は『I have trouble walkingだよ。あってる?』って答えたんだ。そうしたらAceは『No poppy, it's I ’AM’ trouble walking, but, I do have trouble walking』って言ったんだよ。みんな笑い出したよ。」

つまり、Scotが間違って歌っていたのを、Aceがジョークを言って訂正してあげるという、なんとも

Aceの気遣いあふれるシーンなのですが、Aceのジョークをうまく訳せません。誰か助けてください。

まあ、いずれにしても、心温まるリハーサル風景が、目に浮かぶようですね。

 

2014年

8月

10日

誤解

先日、facebookの「Ace Frehley is GOD-Japan」

というページに紹介された写真ですが…

私もよほど、慌てていたというかなんというか、

来日してほしい一心だからといえばそうかも

知れないのですが、瞬時に

「え、何?日本にお忍びで来てたの???」

と思ってしまいました。

だって、ネズミ魔法キングダムはどこも同じ

に見えるので…。

しかし、友人がこの写真を見て、

「これはLAでしょ?

だってさ、Aceの右側のごみ箱の近くにいる

女性を見てみ?日本人はこの体型で

こんなファッションしないでしょ?」と、

指摘しました…。

見分けるポイントって、そこですか…。

0 コメント

2014年

6月

21日

Ace Frehley A to Z on Twitter

Twitterにて、Ace Frehley A to Zを掲載させていただきました。

関心を持って下さった方、RTして下さった方、コメント下さった方、ありがとうございました。

まとめ掲載の要望もいただいたので、こちらに書かせていただくことにいたしました。

 

A…A Little Below The Angel

B…Breakout

C…Cold Gin

D…Do Ya

E…Eugene (Crazy Joe Rendaとの共作)

F…Fractured Quantum

G…Gimme A Feeling

H…Hard Times

I …Insane 

J…Juvenile Delinquent    

K…KISS Meets The Phantom of The Park  

L…Lost In Limbo 

M…MortonDowney Jr Show      

N…New York Groove   

O…Ozone    

P…Parasite    

Q…Ace Frehley "Quiz"   

R…Rocket Ride  

S…Shock Me   

T…Tom Snyder Show   

U…"Unplugged" 2000man   

V…Vibrato Lesson  

W…What's On Your Mind  

X…Ace Frehley Talks about Firebird "X"  

Y…2 Young 2 Die  

Z…with Rob "Zombie",Supergroup "God Of Thunder"  

 

改めていろいろな発見があって楽しかったです。

 

 

 

0 コメント

2014年

4月

28日

Ace生誕祭 in twitter御礼

 

 

 

63回目のAceの誕生日、

皆様とtwitter上でお祝いできました。

ありがとうございました。

来日実現を目指して今後も

皆様と活動できることをねがっております。

よろしくお願いいたします。

 

 

special thanks : espace*ace

0 コメント

2014年

4月

13日

来日してほしいので…

4月27日が何の日か、Aceファンなら知らぬはずはありませんよね。

そう、Aceの誕生日です。

6月発売のニューアルバムは、日本盤の発売も決まっており、

スペース・インヴェイダーサポートツアーは来日の可能性が濃いと考えたいですね。

しかし、日本からの反応が薄ければ願いはかないません。

今後、手始めに誕生日のカウントダウンから始めて行きたいと思います。

さまざまなSNSを通して、Aceにメッセージを伝えて行きたいと思います。

皆様もぜひ、参加していただければ幸いです。

0 コメント

2014年

3月

31日

Aceグッズ、ありがとうございました

最近Aceファンの仲間からいただきものをしました。

あまりにも素晴らしいので、

久しぶりに「管理人の小部屋」を更新してご紹介いたします。

 

 

 

まず、右の写真をご覧ください。

これは「フレーリスク」です。

ラベルを何種類も作成してくださいました。

力作ですよね。

さらにすごいのは裏面。

シャレが効いています。

 

 

 

 

 

それから、最近引っ越したのでお祝いをいただきました。

それがコチラ。完璧な引っ越し祝いですね。

今度の我が家には私の仕事場を設けることができましたが

そこに飾らせていただきました。

 

 

というわけで、Aceファン仲間のパワーを感じる今日この頃。

ニューアルバム発売も決まったことですから、

日本のファンで協力して盛り上げて、Ace来日を

実現させられたらと思います。

Mさん、Wさん。ありがとうございました。

0 コメント

2013年

9月

26日

ギブソンショールームにてセッション

なんとなくYouTubeを見ていたら発見しました。

2013年7月2日にニューヨークのギブソンショールームでのセッション映像です。

0 コメント

2013年

9月

20日

Aceの兄弟が、惑星Jendelからやって来たらしい

友達からシェアされて知りました。

「iFrehley is back,and no one told you so...

iFrehleyは惑星Jendelから兄弟であるAceに会いに来たものの、

思っていたよりも彼にに会うのは難しかった…」

…という前提がコメントされています。

ウクレレとバンジョーとハーモニカで演奏されている

Speeding Back To My Babyです。

なごみます。

0 コメント

2013年

4月

30日

Quantum Singularity

Aceの誕生日を祝って、Michelle Fuscoさんが描いた作品が素晴らしいので掲載します。

購入をお考えの方は、彼女のページへ!

 

0 コメント

2013年

3月

02日

えらいぞ、Eddie Trunk

先日ツイートいたしましたが、Aceが支払いを怠っていたためにニューヨークの家を失うというゴシップ

が報道されています。Aceのニュースをチェックするためにツイッターを見ると、Ace関連はそればかり。

正直言ってうんざりしていました。新しいパートナーのレイチェルさんとは西海岸に住んでいるはず

だから、ニューヨークの方は放置していただけだろうなあと思いましたし。

そうしたら、Aceの親友であり、DJであるEddie Trunkが、ちゃんと声を上げました。

「Aceはサンディエゴに住んでいる。ホームレスなんかじゃないぞ!彼の財政は知らないが、家を

立ち退かされたわけじゃあない」

さらに「Aceから昨晩メールをもらったけれど、彼は元気だし、ここ18カ月はサンディエゴに住んでいる

って…」とも、ツイートしていました。

 

Eddieって、友達がいのある人だなあ、と思った次第です。

0 コメント

2013年

2月

20日

facebookロゴ

KISS関連サイト「kissopolis」が、facebook上で、

「キッスアーミーのために、facebookはロゴを変えるべきだ」

なんていって、右のような画像をアップしました。

イカしてるよねえ。

 

2 コメント